債務整理は有効な手段ですが

債務整理は、多重債務などで支払えなくなった借金を整理するのに有効な手段ですが、これが認められるまでの時間はどれくらいになるのでしょう。借金の整理には任意整理や特定調停などの種類があり、選んだ方法の違いで手続きが終わるまでの期間も違ってくるでしょう。けれど、どれくらい簡易な債務整理の方法を選んだとしても、絶対に3か月は必要になります。持ちろん、借り入れ先の数が増えるほど必要な時間も増えてしまいますから、長引けば1年、またはそれ以上かかる可能性もあります。もう生じてしまっている利息と将来利息を免除してもらい元金のみに限って返すことしていく方法が、債務整理のうち任意整理と呼ばれる方法です。

債権者に掛け合って、和解が成立すれば、利息がない分、支払総額を減らすことができ、月に返済する額を小さくする事が可能になります。

元金がそのままの額では返済は無理だという時は、別途個人再生という方法をとって債務整理を行う事になります。

任意整理とは、債権者と債務者との話合いのなかで、金利の引き下げや元金のみの返済でいいように頼むという公の機関である裁判所をとおさずに借金額を減らす方法です。

ほとんどのケースでは弁護士、司法書士が債務者と交代して交渉し、毎月の支払額を減少させることで、完済というゴールがみえてきます。

借金の整理の中でも、任意整理は債権者の一部を選択して交渉しますが、任意整理以外の借金の整理を選んだ場合は、全ての債権者に対する手続きをしなければなりません。 法の手続きをとっていない任意整理では、話し合いで互いの妥協点を探るので、状況次第では、交渉が難しい場合もあります。

司法書士や弁護士などの借金の整理のプロが間に入った方が安心ですが、ここで、債務の一部を隠すようなことはしないで頂戴。正直に伝えなければ、不信感を持たれ、担当を辞退されてしまうかも知れません。今ある車はそのままに借金の整理をしたいと思っているのなら、カーローンはそのままにしておいて、任意整理などをおこなえば、車は手放さずに済む可能性があります。とはいえ、本当に持ち続けることができるかどうかは、車がなければ生活がたち行かなくなるかどうかという点で判断が変わります。

もし車がなくても問題ないということになると、債務を整理後も車を持ち続けることは難しくなります。ですから、専門家に状況を説明し、車を手放した場合の不利益について訴えましょう。弁護士または司法書士に借金の整理を請け負って貰おうという時、用意が必要なのは身分証明書に印鑑、使っているクレジットカード、それと借入の現況が確認できるものをなるべく多くです。さらに、資産を持っていることを証する書類を要する事もあります。

たとえ契約書が残っていないとしても、クレジットカードが見つからなくても、調べられないことはないので諦めないで頂戴。
返済が滞ると督促や取立てが初まりますが、その間に自己破産、個人再生、任意整理などの借金の整理を行った場合、司法書士や弁護士によって債権者あてに「債務整理の依頼を請け負いました」という内容の書状が送られると、そのような行為はなくなります。

もし督促や連絡などがあれば違法行為ですので、ただちに担当弁護士(司法書士)に連絡して対処してもらいましょう。禁止されているのにわざわざ相手をする理由はない訳ですし、もし対応すれば相手に禁止行為をさせることになるので、断って頂戴。

一般的に、借金の整理は弁護士に頼むことになると思うんですが、その時に重要になるのが委任状という書類です。
これは、債務者の権限を弁護士に委任するという契約を結ぶために使う書類です。しっかりと委任契約を終えると、相手に受任通知が送付されるため、取り立ての電話や手紙も止まります。 委任契約を交わした弁護士は、依頼者の代理人として、債権者との交渉や裁判の手続きをすべて行ってくれるでしょう。

借金が返せないままです